みなヨム

皆が読んでためになる情報を発信するブログを目指します

甲斐キャノン不発ってナニ?今季の成績は?期待外れの球団提示と次年度以降についても!

甲斐キャノンことソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手(26)の契約更改交渉が12月21

日(金)に行われましたが,甲斐捕手にとってはとても期待外れの不発となる交渉結果

になったもようです。このことを受け,改めて甲斐捕手の今季の成績を振り返り,期待

外れの球団提示の理由や次年度以降の甲斐捕手にとっての対策も考えてみました。

スポンサードリンク

 


甲斐キャノン不発ってナニ?


最初に甲斐キャノンについてですが,皆さんもご存知のように,甲斐捕手はずば抜けた

肩をもった捕手で,盗塁しようと試みる選手達をバッタバッタと阻止してしまうことか

ら,武器のキャノン砲に例えられて甲斐キャノンと言われるようになりました。

 


そして,この甲斐キャノン不発ってナニ?というところですが,要するに甲斐キャノン

は盗塁では威力を思う存分に発揮し結果を残していますが,次年度の契約交渉の結果に

ついては,甲斐捕手が期待していた以上には上がっておらず,期待外れの不発な結果に

終わってしまったということになります。

 

 

ところで,ボクは甲斐捕手とは会ったことも話したこともありません。

 


ただ,テレビを通してしか甲斐捕手を見たことがないので,甲斐捕手の回し者ではあり

ませんので,悪しからずよろしくお願いします。

 


甲斐キャノン不発今季の成績は?


甲斐キャノンこと甲斐拓也捕手の今季の成績をザックリ説明すると,

自己最多の133試合に出場し,7本塁打,37打点。盗塁阻止率は12球団トップの4割4分7

厘でしたから,日本一ということになります。

 


ただ,良いことばかりではなく,実際問題として,スタメン出場は111試合にとどまっ

た上に規定打席にも80打席足りなかったということもありました。

 


ちなみに,2017年はどうであったかというと,


103試合に出場し,5本塁打,18打点。盗塁阻止率3割2分4厘という成績を残しました。

 


甲斐キャノン不発期待外れの球団提示についても!


この甲斐キャノン不発期待外れの球団提示については,成績の部分も少し加味して紹介

したいと思います。

 


近年の年俸推移で比べてみたいと思います。

 


2016年(13試合) 600万(盗塁阻止率機会無し)

 


2017年(103試合)900万円(前年度1.5倍)5本塁打,18打点。盗塁阻止率3割2分4厘

 


2018年(133試合)4000万円(前年度4.4倍)7本塁打,37打点。盗塁阻止率4割4分7厘

 


2019年      5500万円(前年度1.375倍)

 

 

このように見ると,わかりやすくはないでしょうか!?

 


1軍に出る機会が増えたので,2017年は前年度と比べ1.5倍の契約。

 


2018年は,それまでとは打って違って素晴らしい結果を残すことが出来たので,前年度

と比べ4.4倍の契約。

 


さらに2018年は2017年の結果をさらに飛躍させる結果を残すことが出来たので,前年

度と比べ1.375倍の契約。

 

 


「あれれ,どうして一番頑張って結果も残したのに,こんなに低いんだろうか!?」

 


「盗塁阻止率は,日本一の結果を残しているのに,こんなものか!?

 

 

ボクが甲斐拓也捕手と同じような立場であれば,


「前年度に比べて頑張ったんだから,4.4倍アップしてくれとまでは言わないけど,せ

めて倍増か倍増近くまでは,アップしてもらえて良いのではないでしょうか!?」と。

スポンサードリンク

 

 

甲斐キャノン不発次年度以降についても!


仮に2回目の交渉でボクが考えているような結果が出なかった場合には,甲斐捕手は割

り切って次年度以降の対策を考えなければならないと思います。

 


その対策とは,一つは野球技術の改善で,もう一つが球団との交渉術についてです。

 


プロで日本一の技術をもった甲斐捕手に対して中学までしか野球をしたことがないボク

ですが,いつもテレビを見ていて思うことは,投手に対して早く構え,的を作って投げ

やすくすることです。

 


テレビで見ていると,どうしても投手陣の方が甲斐捕手のタイミングで投げているよう

な気がしてたまりません。

 


また,甲斐捕手が途中交代させられている理由として考えられることは,捕手としての

リード面に不安があるから,他の捕手と交代させられているのではないかと考えてしま

います。

 


ボクから見ると,甲斐捕手は,投手の負担を少しでも軽減させるため,球数を一球でも

少なくさせるリードを心がけているのではないかと考えます。

 


しかし,基本的には,捕手は,自分のチームの投手のことも考えなければなりません

が,原則的には,相手のバッターのタイミングを外すためにはどうすべきか!?とか相手

バッターを精神的に揺さぶりイライラさせて本来の打撃をさせないようにするにはどう

すべきか!?などを考えてリードしていかなければならないと思いますから,難しいとこ

ろです。

 


さて,技術面で甲斐捕手にやってほしいことのもう一つは,打撃です。

 


よくテレビ中継で,『甲斐選手はパンチ力がありますからね。』と。

 


このことは,逆に言えば,相手の投手陣は,インコースよりアウトコースで勝負するこ

とが多くなるのではないかと考えます。

 


ということは,甲斐捕手は打撃については,いかにアウトコースのボールに対処するが

決め手になってくるのではないかということです。

 


そこでヒントになるのが,甲斐捕手が神様とあがめるヤディエル・モリーナ捕手のバッ

ティングです。

 


いかにもパワーがありそうなヤディエル・モリーナ捕手でしたが,徹底した右打ち。

 


この徹底した右打ちというキーワードが,甲斐捕手にとっての打撃の道しるべになるの

ではないかとボクは考えますが,いかがなものでしょうか!?

 


さて,球団との交渉術についてですが,甲斐捕手もすでに一流の選手なわけですから,

契約交渉に当たっては,今後は代理人をつけるとか相談役をつけて契約交渉に臨むとい

ったことが絶対に必要になってくると思います。

 


理由は,そのような代理人や相談役は,契約交渉のプロなわけですから,活用して損は

ありません。

 


ぜひ,甲斐捕手には,次年度以降,契約交渉のプロを活用しての契約交渉に臨んでもら

いたいと思います。

 

まとめ


・甲斐キャノン不発の1回目の契約交渉でしたが,今週の交渉結果が注目されます。

 


・来季も甲斐キャノンをバンバン発動するためにも,球団には期待料も込めた契約交渉

を済ませ,甲斐拓也捕手をやる気満々にさせて欲しいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

日本シリーズ2018第5戦解説ってナニ?広島は?第6戦,第7戦のテレビ中継についても!

日本シリーズ2018第5戦は福岡ソフトバンクの柳田選手のサヨナラホームランで幕を閉

じ,福岡ソフトバンクが広島との対戦成績を3勝1敗1分けとし,日本シリーズに王手を

かけました。ここでは第5戦の解説と広島の第6戦の展望に触れ,第6戦,第7戦のテレビ

中継を含めて簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

 


日本シリーズ2018第5戦解説ってナニ?


日本シリーズ2018第5戦はご存知のように,次の状況でした。

f:id:hidejinjin:20181103171436j:plain


そこでここからは,各回の攻防について解説していきます。

 


なお,( )すぐ横の数字は,選手の背番号になります。

 


先発は第1戦と同じで,福岡ソフトバンクは,


千賀滉大(センガ コウダイ)(41・1993年1月30日(25歳))投手,


対する広島は,


大瀬良大地(オオセラ ダイチ)(14・1991年6月17日(27歳))投手


の両チームのエース登板になりました。

 


千賀投手の背番号が41に対して大瀬良投手の背番号が14ですから,謎めいた縁も感じら

れましたが・・・

 

【1回の表・広島の攻撃】

 

1番:田中広輔(タナカ コウスケ)選手(2・1989年7月3日(29歳))(ショート),

結果はセカンドゴロで1アウト。

 


2番:菊池涼介(キクチ リョウスケ)選手(33・1990年3月11日(28歳))(セカン

ド),結果はワンバウンドを空振りしてしまい,三振で2アウト。

 


3番:丸佳浩(マル ヨシヒロ)選手(9・1989年4月11日(29歳))(センター),結果

はレフトへライナー性の当たりに打ちますが,福岡ソフトバンク中村選手のスライディ

ングキャッチに阻まれ,惜しくも3アウトチェンジ。

 

 

【1回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

1番:上林誠知(ウエバヤシ セイジ)選手(51・1995年8月1日(23歳))(ライ

ト),結果は変化球を打つもファーストゴロで1アウト。

 


2番:明石健志(アカシ ケンジ)選手(8・1986年1月9日(32歳))(セカンド),結

果はカットボールに空振り三振で2アウト。

 


3番:グラシアル選手(27・1985年10月14日(33歳))(指名打者),結果はカットボ

ールを見送りフォアボール。ランナーは1塁。

 


4番:柳田悠岐(ヤナギタ ユウキ)選手(9・1988年10月9日(30歳))(センタ

ー),結果は変化球を打つもセカンドゴロで3アウトチェンジ。

 

 

【2回の表・広島の攻撃】

 

4番:鈴木誠也(スズキ セイヤ)選手(51・1994年8月18日(24歳))(ライト),結

果は空振りの三振で1アウト。

 


5番:松山竜平マツヤリュウヘイ)選手(44・1985年9月18日(33歳))(指名打

者),結果はフェンス直撃の二塁打で,ランナーは2塁。

 


6番:西川龍馬(ニシカワ リョウマ)選手(63・1994年12月10日(23歳))(ファー

スト),結果は一度もバットを振ることなくストレートのフォアボールで,ランナーは

1,2塁。

 


7番:安部友裕(アベ トモヒロ)選手(6・1989年6月24日(29歳))(サード),結

果はファーストゴロで2アウト。ランナーは1,3塁。

 


8番:會澤翼(アイザワ ツバサ)選手(27・1988年4月13日(30歳))(捕手),結果

はセンターへの先制タイムリーヒットで広島1-0ソに。ランナーは1,2塁。

 


9番:野間峻祥(ノマ タカヨシ)選手(37・1993年1月28日(25歳))(レフト),結

果はライトへのヒットで,2塁走者の安部選手が本塁を狙いましたが,ライトの上林選

手の好返球で本塁タッチアウトとなり3アウトチェンジ。結局,広1-0ソでこの回が終わ

る。

 


【2回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

5番:中村晃(ナカムラ アキラ)選手(7・1989年11月5日(28歳))(レフト),結果

はセカンドへの内野安打。ランナー1塁。

 


6番:内川聖一(ウチカワ セイイチ)選手(1・1982年8月4日(36歳))(ファース

ト),結果はセカンドフライで1アウト。ランナー1塁のまま。

 


7番:松田宣浩マツダ ノブヒロ)選手(3・1983年5月17日(35歳))(サード),

結果は6-4-3のダブルプレーで最悪な結果。3アウトチェンジ。松田選手に進塁打を打と

うとする姿勢が見られれば福岡ソフトバンクファンのボクも少しは許せる気持ちになり

ますが,ここぞという時にも三振の山も多いので,個人的には工藤監督には使ってほし

くありませんよね。もう例えホームランを打ったとしても,『熱男~~』のパフォーマ

ンスは絶対にやってほしくありません!!ということで,広1-0ソはそのままです。

 

 

【3回の表・広島の攻撃】

 

1番:田中広輔(タナカ コウスケ)選手,結果はセカンドゴロで1アウト。

 


2番:菊池涼介(キクチ リョウスケ)選手,結果は内角の真っ直ぐを見送りフォアボー

ルを選ぶ。ランナー1塁。

 


3番:丸佳浩(マル ヨシヒロ)選手,結果は見逃し三振で2アウト。ランナー1塁のま

ま。

 

 

4番:鈴木誠也(スズキ セイヤ)選手,結果は敬遠気味のフォアボール。ランナー1,2

塁。

 

 

5番:松山竜平マツヤリュウヘイ)選手,結果はショートゴロ。ランナー1,2塁残

塁で3アウトチェンジ。広1-0ソはそのままです。

 

 

【3回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

8番:今宮健太(イマミヤ ケンタ)選手(2・1991年7月15日(27歳))(ショー

ト),結果はセカンドゴロで1アウト。

 


9番:甲斐拓也(カイ タクヤ)選手(62・1992年11月5日(25歳))(捕手),結果は

セカンドフライで2アウト。

 


1番:上林誠知(ウエバヤシ セイジ)選手,結果はショートゴロで3アウトチェンジ。

広1-0ソはそのままです。

 

 

【4回の表・広島の攻撃】

 

6番:西川龍馬(ニシカワ リョウマ)選手,結果はセカンドフライで1アウト。

 


7番:安部友裕(アベ トモヒロ)選手,結果はレフトフライで2アウト。

 


8番:會澤翼(アイザワ ツバサ)選手,結果はショートライナーで3アウトチェンジ。

広1-0ソはそのままです。

 

 

【4回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

2番:明石健志(アカシ ケンジ)選手,結果はフォアボール。ランナー1塁。

 


3番:グラシアル選手,結果はレフトへのヒットでランナーは1,2塁。

 


4番:柳田悠岐(ヤナギタ ユウキ)選手,結果はフォアボールで,広島,ノーアウト満

塁のピンチ。

 


5番:中村晃(ナカムラ アキラ)選手,結果はセンターへの逆転タイムリーヒット! 明

石,グラシアル選手が帰ってきて,逆転に成功。広1-2ソ。ランナーはノーアウト1,2

塁。

 

 

6番:内川聖一(ウチカワ セイイチ)選手,結果はバントで1アウト,ランナーは2,3

塁。

 

 

7番:松田宣浩マツダ ノブヒロ)選手,結果は案の定の空振り三振で2アウト。明ら

かに高めのボール球のつり玉を三振したので,「内川選手のバントの意味を理解しとっ

とかぁ!?」という気持ちになりました。もしボクが監督だったら,使うのはココまで

で,以後はよっぽどのことがない限り,最後まで,代打でしか起用しません。

 


8番:今宮健太(イマミヤ ケンタ)選手,結果はショートゴロで3アウトチェンジ。

「おいおい今宮よ,始めっからこの打席は,センターから右方向を狙えよ!!わかっとん

のかぁ!!」とボクは思いました。しかし,広1-2ソの逆転に成功。

 

 

【5回の表・広島の攻撃】

 

9番:野間峻祥(ノマ タカヨシ)選手,結果はセカンドゴロで1アウト。

 


1番:田中広輔(タナカ コウスケ)選手,結果はフェンス直撃の二塁打。ランナー2

塁。

 


2番:菊池涼介(キクチ リョウスケ)選手,結果は空振りの三振で2アウト。ランナー2

塁のまま。

 


ココで工藤監督,ナニをひらめいたのか!?ナニを血迷ったのか!?投手交代。千賀滉大

(センガ コウダイ)投手からモイネロ(35・1995年12月8日(22歳))投手に。

 


3番:丸佳浩(マル ヨシヒロ)選手,結果はランナー2塁の1-1からライトスタンドへの

逆転2ランホームラン!一瞬にして,広3-2ソの逆転に成功。

 


『モイネロよ~,打たれるのは仕方ないけどなぁ,高めは御法度じゃろ!?』

 


工藤監督のこの采配を見て,『ボクは今日は負けた!!』と思いました。2連敗中の広島の

選手達は,一気に盛り上がりましたね。

 


ただ,野球の場合よく言われるのが,“チームの誰かのミスを皆でカバーし,ミスを帳消

しにさせる。”という言葉です。。。

 


4番:鈴木誠也(スズキ セイヤ)選手,結果は敬遠気味のフォアボール。ツーアウトラ

ンナー1塁。

 


5番:松山竜平マツヤリュウヘイ)選手,結果はセカンドゴロで3アウトチェン

ジ。

 


しかし改めて,広3-2ソ。広島が逆転に成功した回になりました。

 

 

【5回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

9番:甲斐拓也(カイ タクヤ)選手,結果はピッチャーへの強烈な内野安打。ランナー

1塁。

 


1番:上林誠知(ウエバヤシ セイジ)選手,結果はショートへの内野安打で,ノーアウ

トランナー1,2塁。

 


2番:明石健志(アカシ ケンジ)選手,結果は送りバントを成功させ1アウト2,3塁。

 


ココで広島の緒方監督も投手交代。

 


大瀬良大地(オオセラ ダイチ)投手から→ヘルウェグ投手(62・1988年10月29日(30

歳))にスイッチ。しかしその結果は。。。

 


3番:グラシアル選手,結果はデッドボールとなり,1アウト満塁。

 


4番:柳田悠岐(ヤナギタ ユウキ)選手,結果は飛んだコースが良く,ピッチャーゴロ

の間にソフトバンク1点をあげ,同点で広3-3ソに。ランナーは,2アウト2,3塁。

 


5番:中村晃(ナカムラ アキラ)選手,結果はレフトフライで3アウトチェンジ。

 


工藤監督の最悪の投手交代と思われた采配が,同点になることで,ひとまず帳消しにな

った感じがしました。工藤監督は,即座に自分の結果的なミスを選手達にカバーしても

らったんじゃないかと思いますが・・・あとに響かなくて,良かったですね!?

 

 

【6回の表・広島の攻撃】

 

ピッチャーがモイネロ投手から武田翔太(タケダ ショウタ)(18・1993年4月3日(25

歳))投手に交代しました。

 


6番:西川龍馬(ニシカワ リョウマ)選手,結果はファーストゴロで1アウト。

 


7番:安部友裕(アベ トモヒロ)選手,結果は見逃し三振で2アウト。

 


8番:會澤翼(アイザワ ツバサ)選手,結果はまさかまさかのレフトスタンドへの勝ち

越しソロホームラン!再び広島は逆転に成功。広4-3ソ。

 


このタイミングでのホームラン。ボクはこの試合,またまた『終わった』と思いまし

た。

 

 

9番:野間峻祥(ノマ タカヨシ)選手,結果はワンバウンドした球を空振りの三振で3

アウトチェンジ。

 


同点にされたすぐあとに8番:會澤翼(アイザワ ツバサ)選手は,全体の女房役を即座

によい方向で発揮した結果を残しました。『あっぱれ♪』広4-3ソ。

 

 

【6回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

広島のヘルウェグ投手に代わって一岡竜司(イチオカ リュウジ)投手(30・1991年1月

11日(27歳))がマウンドにあがる。

 


6番:内川聖一(ウチカワ セイイチ)選手,結果はファウルフライで1アウト。

 


7番:松田宣浩マツダ ノブヒロ)選手,結果は案の定のショートゴロで2アウト。そ

れにしても,松田選手の打撃は単調すぎじゃないんでしょうか!?

 


8番:今宮健太(イマミヤ ケンタ)選手,結果はレフトへの二塁打。2アウトランナー2

塁。ただ,今宮選手,走塁前後にアクシデントが起こったようで,ピンチランナーとし

高田知季(タカタ トモキ)選手(0・1990年5月6日(28歳))(ショート)が起用さ

れる。

 

 

それから,9番:甲斐拓也(カイ タクヤ)選手に代わり,代打,長谷川勇也(ハセガ

ユウヤ)選手(24・1984年12月22日(33歳))。

 


ココで広島,一岡竜司(イチオカ リュウジ)投手に代わってフランスア投手(97・

1993年9月25日(25歳))がマウンドにあがる。

 


9番:長谷川勇也(ハセガワ ユウヤ)選手,結果はファーストゴロで3アウトチェン

ジ。広4-3ソはそのままです。

 

スポンサードリンク

 

 

【7回の表・広島の攻撃】

 

甲斐拓也(カイ タクヤ)選手に代わり,髙谷裕亮(タカヤ ヒロアキ)選手(12・1981

年11月13日(36歳))がキャッチャーに,また,代走の高田知季(タカタ トモキ)選

手がそのままショートの守備につく。

 


1番:田中広輔(タナカ コウスケ)選手,結果はピッチャーゴロで1アウト。

 


2番:菊池涼介(キクチ リョウスケ)選手,結果は空振り三振で2アウト。

 


3番:丸佳浩(マル ヨシヒロ)選手,結果はセンターへヒット。2アウトランナー1塁。

 


4番:鈴木誠也(スズキ セイヤ)選手,結果は外角のカーブを見送りフォアボール。2

アウトランナー1,2塁になる。

 


ここで武田翔太(タケダ ショウタ)投手に代わって嘉弥真新也(カヤマ シンヤ)投手

(57・1989年11月23日(28歳))がマウンドにあがる。

 


5番:松山竜平マツヤリュウヘイ)選手に代わり,代打,新井貴浩(アライ タカヒ

ロ)選手(25・1977年1月30日(41歳))が登場するが,結果はサードへの平凡なゴロ

で3アウトチェンジ。広4-3ソはそのままです。

 

 

【7回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

1番:上林誠知(ウエバヤシ セイジ)選手,結果は空振り三振で1アウト。

 


2番:明石健志(アカシ ケンジ)選手,結果はライトスタンドへのホームランでソフト

バンク同点! 広4-4ソとなる。

 


3番:グラシアル選手,結果はショートフライで2アウト。

 


4番:柳田悠岐(ヤナギタ ユウキ)選手,結果はレフトフライで3アウトチェンジ。し

かし,広4-4ソとなり,再び福岡ソフトバンクが同点に追いつく。

 

 

【8回の表・広島の攻撃】

 

6番:西川龍馬(ニシカワ リョウマ)選手に代わり,代打,バティスタ選手(95・1992

年1月18日(26歳))。

 


ココで嘉弥真新也(カヤマ シンヤ)投手に代わって高橋礼(タカハシ レイ)投手

(28・1995年11月2日(23歳))がマウンドにあがる。

 


6番:代打,バティスタ選手,結果はショートへの平凡なゴロで1アウト。

 


7番:安部友裕(アベ トモヒロ)選手,結果はレフトフライで2アウト。

 


福岡ソフトバンク,ココで今度は,高橋礼(タカハシ レイ)投手に代わって森唯斗(モ

ユイト)投手(38・1992年1月8日(26歳))がマウンドにあがる。

 


8番:會澤翼(アイザワ ツバサ)選手,結果は見逃し三振で3アウトチェンジ。広4-4ソ

はそのまま。

 

 

【8回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

広島は,代打のバティスタ選手がそのままファーストに入る。

 


5番:中村晃(ナカムラ アキラ)選手,結果は空振りの三振で1アウト。

 


6番:内川聖一(ウチカワ セイイチ)選手,結果はセンターフライで2アウト。

 


7番:松田宣浩マツダ ノブヒロ)選手,結果は空振りの三振で3アウトチェンジ。広4-

4ソはそのまま。

 

 

【9回の表・広島の攻撃】

 

9番:野間峻祥(ノマ タカヨシ)選手,結果はサードゴロで1アウト。

 


1番:田中広輔(タナカ コウスケ)選手,結果はライトへポテンヒットとなり,1アウ

トランナー1塁。

 


2番:菊池涼介(キクチ リョウスケ)選手,結果は送りバントを決め,2アウトラン

ー2塁。

 


3番:丸佳浩(マル ヨシヒロ)選手,結果はライトフライで3アウトチェンジ。広4-4ソ

はそのまま。

 

 

【9回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

8番:高田知季(タカタ トモキ)選手,結果はファーストへの内野安打でランナー1

塁。

 


9番:髙谷裕亮(タカヤ ヒロアキ)選手,結果は送りバントを成功させ,1アウト2塁

に。

 

 

ココで広島は,フランスア投手に代わって中﨑翔太(ナカザキ ショウタ)投手(21・

1992年8月10日(26歳))がマウンドにあがる。

 


1番:上林誠知(ウエバヤシ セイジ)選手,結果は敬遠で,1アウトランナー1,2塁。

 


2番:明石健志(アカシ ケンジ)選手,結果はファウルフライで2アウトランナー1,2

塁。

 

 

3番:グラシアル選手,結果はサードフライで3アウトチェンジとなり,試合は延長戦

に。広4-4ソはそのまま。

 

 

【10回の表・広島の攻撃】

 

福岡ソフトバンクは,森唯斗(モリ ユイト)投手に代わって先日,メッタ打ちで降板し

た加治屋蓮(カジヤ レン)投手(14・1991年11月25日(26歳))がマウンドにあが

る。

 


4番:鈴木誠也(スズキ セイヤ)選手,結果はフォアボールを選び,ランナー1塁。

 


5番:新井貴浩(アライ タカヒロ)選手に代わり,代打,曽根海成(ソネ カイセイ)選

手(59・1995年4月24日(23歳)),結果は送りバントを成功させ,1アウトランナー2

塁。

 


6番:バティスタ選手,結果は空振り三振で2アウト。

 


7番:安部友裕(アベ トモヒロ)選手,セカンドゴロで3アウトチェンジ。広4-4ソはそ

のまま。

 

 

【10回の裏・福岡ソフトバンクの攻撃】

 

4番:柳田悠岐(ヤナギタ ユウキ)選手,結果は1-0からバットを折りながらも,ライト

スタンドへのサヨナラホームラン!広4-5ソでゲームセット。

 


ちなみに,折れながらも柳田悠岐(ヤナギタ ユウキ)選手がホームランにしたバットが

これです。

f:id:hidejinjin:20181103173621j:plain

 

 

日本シリーズ2018第6戦の広島の展望は?


ここでは,日本シリーズ2018第6戦で広島が勝利するための展望,作戦を紹介します。

 


あくまでも,素人の浅はかな考えかもしれませんが,真剣に考えました。

 


広島が福岡において3連敗した最大の理由は,やはりニュースでも言われていますが,

広島のチームカラーである機動力を発揮できずに終わってしまったからだと考えます。

 


あの甲斐キャノンに象徴されますが,未だ盗塁成功率0では,広島の勝利への活路を見

いだすことはできません。

 


ですから,広島が第6戦で勝利するためには,機動力を復活させなければならないわけ

ですが,甲斐キャノンにより盗塁が本当に厳しいと判断するのであれば,悔しく悲しい

ですが盗塁には見切りをつけ,代わりに,単なるバントではなく常にセーフティーバン

トを徹底させるとか,積極的にヒットエンドランを仕掛けるといった奇襲攻撃を試みる

べきだと思います。

 


それから広島には,すさまじい破壊力のある攻撃があります。

 


第3戦で,9対3になった時点でボクは“勝負あり!!”と思っていましたが,結果はどうであ

ったでしょうか!?

 


確かに第5戦まではなかなか思うように勝利をおさめることができませんでしたが,地

元広島に帰り,まずはファンのすさまじい応援により,ベンチでの会話でさえ広島ファ

ンの応援の声でかき消され,よって試合が終わるまで続けられれば,福岡ソフトバンク

といえども普通の精神状態で試合を優位に運べるとは言い難いと思います。

 


ましてや,丸佳浩(マル ヨシヒロ)選手の打撃がかなり復調してきました。

 


あのモイネロ投手から放った弾丸ライナーのホームランは,驚愕でした。

 


このように考えると,広島はこれまでの結果は全て捨て,福岡ソフトバンクの守備陣を

慌てさせる別の機動力を発揮し,また,福岡ソフトバンクの投手陣に,枠で勝負させる

ことを嫌がらせる打撃を行うことで,きっと苦しいチーム状況の中からの脱却を計るこ

とができると思います。

 


ということで,第7戦については不透明だと思いますが,福岡ソフトバンクの大のファ

ンであるボクでも,第6戦は広島の勝利だと思っています。

 

 

日本シリーズ2018第6戦,第7戦のテレビ中継についても!


日本シリーズ2018は,第6戦の広島の展望は?でも述べましたが,少なくとも第7戦まで

はありますから,第6戦,第7戦のテレビ中継についてもここで確認していきたいと思い

ます。

 


まず,11月3日(土)のテレビ中継ですが,TBS系列でテレビ放送がある予定です。

 


ボクは福岡ですから,RKB毎日放送ですね♪

 


テレビ中継開始時刻は,11月3日(土)午後6時からとなっています。

 


ただ,試合が始まるのが,午後6時半からの予定ですから,午後6時になったからといっ

て,テレビの前に陣取る必要はありませんから,余裕です。

 


なお,解説をしてくださる予定の方々は,

 


ミスターパーフェクトの槙原寛己氏(プロ野球解説者)

 

 

福岡ソフトバンクホークスの監督・秋山幸二

 

 

あと,青木宣親選手(ヤクルトスワローズ)で,

 

 

実況のアナウンサーは,初田啓介アナウンサー(TBS)のようです。

 

 

つぎに,11月4日(日)についてですが,この日は2局での放送が予定されているみたい

です。

 


どちらの放送局から紹介しても良いのですが,日本テレビ系列から紹介します。

 


福岡でいえば,FBS福岡放送になります。

 


テレビ中継開始時刻は,11月4日(日)の午後6時半からとなっています。

 


解説してくださる予定の方々は,次の方々です。

 


【解説】として


山本浩二氏(元広島監督/HR王4回)と江川卓氏(昭和の怪物)です。

 


また,【ゲスト解説】として


本多雄一氏(ソフトバンク今季限りで引退)

 


【実況】は,宮脇靖知アナウンサー(広島テレビ)

 


【リポート】役として,森拓磨アナウンサー(広島テレビ),福岡竜馬アナウンサー(福岡

放送)のようです。

 

 

もう一つの局は,NHK [BS1]です。

 


NHK [BS1]については全国版ですから,福岡も同じです。

 


テレビ中継開始時刻は,11月4日(日)の午後6時15分からの予定となっています。

 


試合開始時刻は,3日(土)と同じで,午後6時半からの予定です。

 


【解説】は,大野豊氏と小早川毅彦氏の予定のようです。

 


【アナウンサー】は,宮田貴行アナウンサーのようです。

 

 

以上で,日本シリーズ2018第6戦,第7戦のテレビ中継についての紹介を終わります。

 

 

まとめ


マツダスタジアム広島ファンの応援は,かなり凄まじいものとなるのが必死です。

心してテレビ中継に臨みましょう。テレビの音声を下げてしまうと,日本シリーズ2018

第6戦を楽しむことができませんから注意しましょう。

 

 

・あとがない広島が甲斐キャノンを破るのか!?もしくは,別の作戦で機動力を発揮して

くるのか,目が離せません。

 


・ボクの予想では日本シリーズ2018第6戦は広島が勝利しますが,一方的な試合にはな

らないと思いますから,じっくりと試合の展開を追っていきましょう。

 


(関連記事)


甲斐キャノン発動で敵地がどよめくってナニ?動画は?画像は?盗塁阻止率や称賛

も!

 


2018日本シリーズ第2戦ってナニ?デスパイネ裏目とは?柳田の不振って?好結果も!


2018日本シリーズ第3戦の意味ってナニ?甲斐キャノンは?柳田や加治屋は?第4戦の

予想も!


広島機動力ダメな理由はナニ?甲斐キャノンの見所とは?工藤采配や勝利の方程式

も!

 

スポンサードリンク

 

 

広島機動力ダメな理由はナニ?甲斐キャノンの見所とは?工藤采配や勝利の方程式も!

日本シリーズ第4戦を終えて広島の持ち味とされている機動力が発揮できないことが敗

因というようなことがクローズアップされていますが,ダメな理由はナニか?甲斐キャ

ノンの見所とは?対戦成績2勝1敗1分けを受け工藤監督の采配や第5戦で勝つための勝利

の方程式について簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

 


広島機動力ダメな理由はナニ?


現時点の広島の機動力がダメな理由についてですが,2018日本シリーズに興味・関心を

持っている人なら誰もが“甲斐キャノンと髙谷キャノン”の2人の捕手による100%の盗塁

阻止があるからだと考えていると思います。

 


しかし,ボクは,実は問題点はそこではないと考えます。

 


2018日本シリーズにおいてよく引き合いに出させるのが,広島のシーズン中の盗塁数95

個はセリーグトップであり,広島は機動力を存分に発揮して点数を積み重ね勝利を伸ば

してきたチームであるということです。

 


ただ,福岡ソフトバンクのファンの立場から敢えて博多弁を使って言葉を発するとした

ら,「だけんなん?」,「それがどげんしたとネ?」という世界になります。

 


というのも,福岡ソフトバンクが戦ってきたパリーグでは,広島より盗塁数の多い球団

が,西武の132個,ロッテの124個,日ハムの98個,オリックスの97個であり,仮にも

し広島がパリーグに入っていたら,盗塁数95個はリーグ全体では5位の数字なわけだか

らです。

 


こういうキャッチャーにとって厳しい環境の中で,“甲斐キャノンと髙谷キャノン”はシ

ーズンを戦ってきたわけです。

 


2018日本シリーズ第4戦を終わって,“甲斐キャノンと髙谷キャノン”の2人の捕手による

盗塁阻止率は100%になっていますが,甲斐キャノンのシーズン中の盗塁阻止率は447,

髙谷キャノンの場合は385と決して2018日本シリーズでこれまで残している100%阻止

率というわけではありません。

 


そして広島の盗塁が決まらない理由は,写真を見れば一目瞭然です!

 


まずは,この甲斐キャノンを本塁側から2塁ベース方向に見た画像が↓↓コレです。

f:id:hidejinjin:20181101145257j:plain

 

 

そして,この甲斐キャノンをセンター側から2塁ベース方向に見た画像が↓↓コレです。

f:id:hidejinjin:20181101145324j:plain

 

わかりにくいかもしれませんが,この時すでにベースカバーに入った野手のグローブに

は,甲斐キャノンから発動されたボールがすでに捕球されていました。

 


この上の写真を見てどう思われましたか?

 


ボクがこの写真を見て思ったことは,甲斐キャノンは凄いのかもしれないけれど,あま

りにも広島の選手のスタートが悪すぎるのではないのかな!?ということです。

 


この走者の走りについて思うことは,リードぎりぎりのところでの命を懸けたスタート

の上に立った盗塁だったのか!?ということです。

 


この点に広島が気付き,第5戦以降を戦っていくのかどうか!?

 


ここがボク的には機動力を生かしていくための運命の分かれ道になるのではないのか

な!?と考えます。

 

甲斐キャノンの見所とは?


2018日本シリーズの第4戦までに甲斐キャノンについては称賛の嵐ですから,ココでは

短く紹介していきたいと思います。

 


甲斐キャノンの見所とは?についてですが,今日からは甲斐捕手の“足捌き(あしさばき

=捕球して投げるまでの足の動かし方)”や投げるまでの動作に着目して甲斐キャノン発

動を分析し,ご自分の目で甲斐キャノンの凄さを見届けてほしいと思います。

 


テレビの前の皆さんは,「ここは走りそうだな!?」と思った時に,テレビの間近に座っ

て甲斐捕手の動きを見つめるとか録画にして何度も見て分析するなどすると,甲斐キャ

ノンの凄さを身をもって感じ取ることができるかもしれません。

スポンサードリンク

 

 


福岡ソフトバンク工藤監督の非情采配も!


2018日本シリーズ第4戦の工藤監督の采配について,『非情采配』という記事が出まし

たが,工藤監督もついに勝負に出てきたなという感じでしょうか!?

 


ランナー1,3塁の場面で,“熱男”の松田選手に代わって,長谷川選手を代打として起用

したわけですからね。

 


松田選手のその瞬間のホンネについては知る由もありませんが,ボクがその立場なら“お

もしろくない。憤りを感じて悔しくてたまらない。”と思います。

 


そういう意味では,この時の工藤監督の采配は,確かに『非情采配』だったのでしょ

う。

 

 

どの選手もヒーローインタビュー等では,チームの勝利最優先と言われますから,松田

選手も「これがチームのためならば仕方ない。」と考えたのかもしれませんが・・・

 


それから,工藤監督,ピッチャーの加治屋投手を第4戦で出しませんでしたね。

 


ブルペンでの様子を聞いて決断したような記事がありましたが,投手出身の工藤監督か

らしてみれば,第3戦でのボールボールから入るあのピッチングは,セットアッパーと

しての立ち位置を考えると,許せなかったのではないでしょうか!?

 


ココも博多弁を使わせてもらうと,『加治屋,なんばしよっとか!?ストライク,ストラ

イク先行で勝負しぇんかい!!』みたいな。。。

 


あっ,あくまで僕の見解ですから,悪しからずでお願い致します。

 


2018日本シリーズの第5戦の勝利の方程式も!


俗に勝利をおさめるための投手の起用法で“勝利の方程式”という表現がありますが,こ

こではその表現を拝借して,2018日本シリーズの第5戦での勝利の方程式と書かせても

らいました。

 


広島側の勝利の方程式は,まずは先取点を取るということだと思います。

 


機動力が使えないと踏む場合は,犠打で良いのではないでしょうか!?

 


人生,巡り合わせがよくないこともあります。

 


対戦していて上手くいかないのであれば,戦法を変えればいいということです。

 


大事なことは,“1点にこだわりをもって”試合運びを行うことです。

 


そんな展開が広島側の勝利の方程式だと考えます。

 


そして,福岡ソフトバンク側の勝利の方程式は,千賀投手がストライク,ストライクで

入り,広島打線に余裕を与えずに打ち取ってしまうことです。

 


千賀投手といえば,やはりお化けフォークですが,投球内容全体から見れば,球が高い

です。

 


どんなに速い球を投げたとしても,また,どんなに凄いお化けフォークを決め球に持っ

ていたとしても,球が高くては問題になりません。

 


ですから,福岡ソフトバンクが第5戦に勝利するためには,千賀投手の試合への入り方

もさることながら投球中全般にわたって低めを徹底し,ストライク先行の投球をいかに

続けていくことができるかが勝利の方程式と考えます。

 

まとめ


・「スタートが肝心。」という言葉がありますが,2018日本シリーズの第5戦におい

て,広島側の盗塁を仕掛ける上でも,「スタートが肝心。」です。甲斐キャノンに一矢

報いるのか!?あるいは,甲斐キャノン発動になるのか!?注目です。

 


・11月1日の今日に優勝が決まるわけではありませんが,今日の勝利の方程式が両チー

ムにとって鍵になるのは間違いないと思われます。一進一退の攻防になるかもしれませ

んが,大注目して応援していきましょう。

 


(関連記事)


甲斐キャノン発動で敵地がどよめくってナニ?動画は?画像は?盗塁阻止率や称賛

も!


2018日本シリーズ第2戦ってナニ?デスパイネ裏目とは?柳田の不振って?好結果も!


2018日本シリーズ第3戦の意味ってナニ?甲斐キャノンは?柳田や加治屋は?第4戦の

予想も!

 

スポンサードリンク