みなヨム

皆が読んでためになる情報を発信するブログを目指します

高橋・松友リオ金メダルの意味はナニ?今後の予定についても!

スポンサードリンク

 

高松・松友と言えばもちろん高橋礼華さん・松友美佐紀さんペアでリオデジャネイロ

ドミントン女子ダブルスの金メダリストですが,何といっても日本バドミントン界での

初の金メダルということで,高松さんと松友さんに対する金メダル経済効果があるわけ

ですから,この点を金メダルの意味として分析し,また,2人の今後の予定についても

紹介させていただきます。

一番最後,関連記事の上に追記記事を追加しました2016年9月2日)


高橋・松友リオ金メダルの意味はナニ?2人個人にとっては

高橋礼華さん・松友美佐紀さんペアにとって,今回のリオデジャネイロオリンピック

金メダルを獲られたことは,2人だけでなく,2人以外のところでもとても意味のあるこ

とになります。

 

まず,2人にとっては,経済効果の部分ですね。

 

ひとつは,オリンピックで金メダルを獲ったわけですから,日本オリンピック委員会

ら報奨金が1人につき500万円ですよね♪

 

もう一つは,日本バドミントン協会から報奨金が1,000万円だとか!?

 

あと,高橋礼華さん・松友美佐紀さんが所属する企業が,日本ユニシスというところで

すが,そちらからも100万とも200万とも,はたまた数百万とも言われています。ただ,

高橋礼華さん・松友美佐紀さんは,日本ユニシスの社員ですから,給与以外の臨時ボー

ナスみたいなものになるのでしょうか!?ちなみに,給与年収は,未確認ですが500万前

後ぐらいということですが,今回の金メダルにより,アップするという噂も・・・さ

て,どうなるんでしょうか!?

 

それから,高橋礼華さん・松友美佐紀さんは,用具契約なんかもされているようです

が,何せ今回リオデジャネイロオリンピックの金メダリストになったわけですから,今

後,高橋礼華さん・松友美佐紀さんと契約したいと思う企業はいろいろとあるのではな

いかと思うので,いわゆるスポンサーマネー契約なども出てくるのではないかと思う

と,この部分については,現時点ではいくらとも言い難いです。

 

ちなみに,バドミントン界の超トップの選手たちは,1年で1~2億くらいの契約をされ

ている方もおられるようです。。。

 

こんなふうに考えると,高橋礼華さん・松友美佐紀さんにとっての金メダル経済効果は

計りしれません。

 

あの16対19の絶望的状況から奇跡の連続5ポイント奪取で手に入れた金メダル。あそこ

で,状況通りの結果になってしまって銀メダルだったらと考えると,まさに金と銀で

は,雲泥の差は否めないと思います。

スポンサードリンク

 


高橋・松友リオ金メダルの意味はナニ?2人個人以外にとっては

リオデジャネイロオリンピックで下馬評通りに高橋礼華さん・松友美佐紀さんが勝ち進

むにつれ,2人がペアを組むようになったきっかけの話がちょくちょく出てきたのをボ

クは覚えているのですが,いかがですか?

 

そして,何度も紹介されたのが高橋礼華さんが聖ウルスラ学院英智高等学校2年生,松

友美佐紀さんが高校1年生の時に初めてダブルスとしてチームになったというエピソー

ド。

 

また,生みの親が,聖ウルスラ学院英智中・高等学校バドミントン部の田所光男総監督

であるというニュースやネット記事。

 

このことだけでも,聖ウルスラ学院英智中・高等学校の宣伝効果は抜群ですよね。おそ

らく来年度から聖ウルスラ学院英智中・高等学校バドミントン部への進学希望者も例年

になく多くなるのではないでしょうか?もしそうなると,高橋・松友リオ金メダルの意

味は,大きすぎますよね!?

 

同じように,現在,高橋礼華さん・松友美佐紀さんが所属企業が日本ユニシスで,その

中の日本ユニシス実業団バドミントン部に二人は入っています。

 

気がつかれた方も多くいたと思いますが,今回リオデジャネイロオリンピックのバドミ

ントンに出場した代表選手は男女合わせて9名いましたが,その内の7名が日本ユニシス

所属でしたから,バドミントン界では屈指のチームの一つになると思いますが,やはり

橋礼華さん・松友美佐紀さんが金メダルを獲ったことにより,バドミントンをしている

人たちが近い将来は日本ユニシス実業団バドミントン部でプレーしたいと思う人も増え

るのではないかとボクは思います。

 

となれば,一人でも多く強い選手をスカウトしようとする際には,日本ユニシス側から

すると,高橋・松友リオ金メダルの意味は,かなり大きな意味を占めるのではないかと

思います。

 

また,日本ユニシスも属する実業団も,高橋礼華さん・松友美佐紀さんが金メダルを

獲ったことで,2人に追いつけ追い越せ的なモチベーションアップの雰囲気が広がり,

ひいては日本のバドミントン界を束ねる公益財団法人日本バドミントン協会にとって

も,バドミントン界のさらなる活性化を進めるのにとても役立つでしょうから,高橋・

松友リオ金メダルの意味は,良い意味での起爆剤となるかもしれませんから,今後が大

いに期待されます。

 

高橋礼華さん・松友美佐紀さんと田所光男総監督の写真

(出典:朝日新聞DIGITAL 写真特集:「バド高橋・松友組が金」)

 

聖ウルスラ学院英智高等学校とは 

 

高橋・松友ペアの“生みの親”田所光男総監督関連記事はここ

(出典:2016年8月20日6時0分  スポーツ報知)


日本ユニシス実業団バドミントン部に関することは,ここ

 

日本実業団バドミントン連盟にかんすることは,ここ


公益財団法人日本バドミントン協会リオ五輪関連は,ここ

 

高橋礼華さん・松友美佐紀さんの今後の予定についても

今後の予定については,もちろんそれは,お二人の彼氏さんとのデート(すみません。

お二人に彼氏さんがいらっしゃるのかどうかをボクは知りません。)の予定でもありま

せんし,旅行の予定とかでもありません。当然ながら,お二人の今後の主なバドミント

ン大会参加の予定ということになります。

 

高橋礼華さんと松友美佐紀さんは,今回のリオデジャネイロバドミントン女子ダブルス

に出場するにあたっての下馬評として,全英オープンで優勝し,世界ランキングを1位

に戻しての出場ということで,金メダルの超有力候補として名前が挙げられていまし

た。

 

このようにお二人は,リオ五輪に出場する前からオリンピックの規模に負けずと劣らな

い大会に出場し実績を作ってこられました。

 

ですから,リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲ったからといって,「はい,

これでおしまい!」とかになるはずもありませんし,逆に,オリンピックで優勝したと

いうこの調子の良い勢いで次なる大会に出場し,優勝を狙っていくというのが当然の流

れではないかとボクは思います。

 

そこで高橋礼華さん・松友美佐紀さんの今後の予定は何か?ということですが,お二人

はオリンピックでも金メダルを獲得していますから,世界ランキング1位です。

このようにランキングが高い方が出場する大会が,BWFスーパーシリーズの大会です。

BWFは,Badminton World Federationの略で,世界バドミントン連盟という意味です。

 

リオデジャネイロオリンピックより前に行われたBWFスーパーシリーズの大会で

高橋礼華さん・松友美佐紀さんが優勝した大会は,スーパーシリーズプレミアの

全英オープンバーミンガム・3月8日-13日)とスーパーシリーズのインド・オープン

ニューデリー・3月29日-4月3日)でした。

 

今後予定されているスーパーシリーズプレミアの大会がデンマーク・オープン(オーデ

ンセ・10月18日-23日)と中国オープン(福州市・11月15日-20日)で,スーパーシリー

ズの大会がヨネックスオープンジャパン(東京・9月20日-25日),韓国オープン(ソウ

ル・9月27日-10月2日),フランス・オープン(パリ・10月25日-30日),香港オープン

(九龍・11月22日-27日)になりますが,出場に関しては高橋礼華さん・松友美佐紀

んの参加意思プラス日本バドミントン協会の調整がありますから,今のところどの大会

に出場予定なのかは決まっていません。

 

ただ,12月14日-18日の予定でドバイで行われるスーパーシリーズファイナルズに出場

するためには,2016年のスーパーシリーズランキングの上位8人(8ペア)に入っておか

なければなりませんから,現在はランキング1位ですが,今後のランキング変動によっ

て出場する大会が決まってくると思います。

 

ちなみに,世界ランキングはここで見ることもできます。英語のサイトですが,右上の

ところにランキングが書かれており,WD(=Women's Doubles)で日本の国旗が見え

れば,高橋礼華さん・松友美佐紀さんの世界ランキングを見ることができますから,参

考にしてください。


リオデジャネイロオリンピック大会も既に閉会式が終わり,高橋礼華さん・松友美佐紀

さんの今後の動きが注目です。何といっても,オリンピックのゴールドメダリストだか

らです。

 

今後,新たな情報が入りましたら追記していきたいと思います。

 

皆さんで,高橋礼華さん・松友美佐紀さんを応援していきましょう♪

 

(追記記事)

上部に書いていましたが,まず,スーパーシリーズのヨネックスオープンジャパン(東

京・9月20日-25日)に,高橋礼華さん・松友美佐紀さんのリオ五輪女子ダブルス金メダ

リストペアが出場することがわかりました。

 

また,リオ五輪女子シングルスで銅メダルを獲得した奥原希望さんも出場するとあっ

て,五輪メダリストの凱旋試合を一目見ようと,日本バドミントン協会には問い合わせ

が殺到しています。

 

既に,25日最終日までのアリーナ席(前売り3000円,当日3500円)は完売し,24日,

25日2日間のそれぞれ120席(合計240席)のプレミアシート(前売り10000円,当日

11000円)も完売という熱狂ぶりです。

 

そのため,急遽23日,24日,25日のアリーナサイド席が特設となり販売になりました。

料金は23日(前売り3000円,当日3500円),24日,25日(前売り5000円,当日5500

円)となっています。ただし,今の勢いで行くと,当日券が買えるかどうかは?です。

 

アリーナサイド席はその他のチケット情報は→アリーナサイド席はここ 

からチェックしてください。


(関連記事)

バドミントンリオの現地時間や放送日本時間は?選手情報や競技についても!


高橋礼華,松友美佐紀リオバドミントン女子ダブルス結果速報!金メダル!決勝までの歩みやインタビューも

 

 

スポンサードリンク