みなヨム

皆が読んでためになる情報を発信するブログを目指します

2018日本シリーズ第3戦の意味ってナニ?甲斐キャノンは?柳田や加治屋は?第4戦の予想も!

福岡ソフトバンクのファンであるボクから見た日本シリーズ第3戦の意味は何なのか?

第1戦から話題になっている甲斐キャノンや柳田不振についてのその後は?これらの結

果をもとに第4戦の結果を大胆予想してみました。

スポンサードリンク

 


2018日本シリーズ第3戦の意味ってナニ?


2018日本シリーズ第3戦の意味ってナニ?については,広島側と福岡ソフトバンク側に分

けて紹介したいと思います。

 


2018日本シリーズ第3戦の意味って広島側からすると,

 


・1勝1敗のタイに持ち込まれてしまった

 


・広島に帰らなければ優勝することができなくなった

 


・9対8と追い上げはしたものの,勝つことはできなかった

 


・丸の絶不調が深刻で,打線の組み替えを考えなければならないかもしれない

 


・9対8と追い上げたことで,負けはしたものの第4戦に繋げられる結果を残した

 


というようなことではないでしょうか!?

 


では,2018日本シリーズ第3戦の意味って福岡ソフトバンク側からするとどうなんでし

ょうか!?

 


・やはり,何とか1勝1敗のタイに持ち込むことができ,広島と同じ立場になれた

 


・9対3の時点で勝負ありと思いきや,結果的に9対8の1点差まで追い上げられ,改めて

広島の強さを感じた

 


・石川投手の戦線離脱が明らかになり,第4戦以降の投手陣の起用法が難しくなった

 


・内川選手の太ももや森投手の足首が懸念されたが,何とかメドが立った

 


デスパイネ選手も含めて,チームに長打が出た

 


というような良いことや悪いことどちらも認識することができたということではないで

しょうか!?

 

2018日本シリーズ第3戦の甲斐キャノンは?


日本シリーズ第1戦で甲斐キャノンのことがかなりクローズアップされ話題となりまし

たが,第3戦でも甲斐キャノンはちゃんと発動されました。

 


テレビ中継においても,解説者の「ミスターパーフェクト」こと槇原氏が,ピッチャー

の立場からの発言として,甲斐キャノン発動について高く評価されていました。

 


第3戦の甲斐キャノン発動について紹介すると,それは初回の広島の攻撃場面でした。

 


初回1死走者1塁,走者はセリーグ盗塁2位32個の田中選手の場面でした。

 


打者は丸選手でしたが,結局からぶり三振で,同時に田中選手も盗塁を試みましたが,

叶わず,結果的に甲斐キャノン炸裂という結果になってしまい広島は機動力を発揮する

ことができませんでした。

 


これで甲斐捕手は,日本シリーズ初戦から3試合連続の盗塁阻止で100%を継続中で,

今季,レギュラーシーズンで12球団トップの盗塁阻止率.447の“甲斐キャノン”を遺憾

なく発動したことになります。

 


まさに,“凄すぎ”,神レベルといっても良いのかもしれません。

スポンサードリンク

 

 


2018日本シリーズ第3戦の柳田や加治屋は?


2018日本シリーズ第2戦を終えた時点で,まず柳田選手の不振がニュースで指摘されま

した。

 


第2戦を終わって打率.167でしたから不振と指摘されても仕方ありませんが,第3戦で

は結果的には1発ホームランは出ませんでしたが,当たり損ないの内野安打による適時

打やレフト方向への久々の長打となる2塁打も放ち,第4戦でのさらなる活躍が期待され

ます。

 

 

柳田選手の不振については,このページの下の方に関連記事として紹介していますの

で,興味のある方はご覧になってください。

 


さて,加治屋投手は?についてですが,昨日の第3戦でメッタ打ちにあって5点を失い途

中交代という結果に終わってしまいました。

 


このことについて,一部ファンからは,「勝つには勝ったが,今日のベンチは反省しな

ければならない。5点差で迎えた8回は,調子が良くない加治屋を引っ張りすぎた。」

と。

 


果たしてこの「調子が良くない加治屋を引っ張りすぎた。」という点ですが,中継を見

ていたボクとしては,調子自体はコレまで好調だった投球と何ら変わりはなく,決して

調子が悪かったとは思いませんでした。

 


ただ中継を見ていて思ったことは,「今日は,ボールの高さやコースについて,ちょっ

と中途半端な投球だなぁ!?」という点でした。

 


確かに,野間選手にレフト前に運ばれたヒットに関しては,してやったり野間選手とい

うバッティングでした。だから,加治屋投手の投球は決して悪かったとは思いません。

 


しかし,鈴木選手にレフトラッキーゾーンに運ばれた投球や會澤選手,安部選手に打た

れた時の投球は,見ていて,打たれべくして打たれたといった投球だったと感じまし

た。

 


やはりどんなに点数差が6点あったとしても,相手は圧倒的な強さでセントラルリーグ

で優勝してきた広島です。ストライク,ストライクの攻めの投球ではなく,ボール,ボ

ールでの入りの投球をしていては,広島の強い打者には的が絞られ痛打されるのは当然

のことではないでしょうか!?例え素晴らしいフォークを持っていたとしてもです。

 


でも,終わってしまったことは仕方ないですし,この先に教訓として生かしていかなけ

ればなりません。

 


福岡ソフトバンクのファンとして,次の投球機会の加治屋投手には,家然とした態度と

ストライク先行の厳しい配球,投球を期待したいと思います。応援してます!!

 

2018日本シリーズ第4戦の予想も!


2018日本シリーズ第4戦の予想ですが,おそらく福岡ソフトバンクは昨日の鬼のような

広島の打線についてどう対処していくのかといったミーティングを密に行って試合に臨

むのではないかと考えます。

 


そこで思うことは,ここは普段はとても優しそうな若田部投手コーチに,映画の大魔神

的形相のもと,鬼の態度で投手陣に檄を飛ばし,とにかくチームとしての徹底した配

球,コース,そして,一致した攻めの姿勢の徹底を図ってもらいたいと思います。

 


そして,この投手陣の一貫した攻め方ができたと仮定した場合,点数差は分かりかねま

すが,2018日本シリーズ第4戦の結果は福岡ソフトバンクの勝利と予想します。

 


まとめ


・2018日本シリーズ第3戦の広島の猛追が,またまた第4戦で爆発するのか?大注目で

す。

 


・広島4番の丸選手はいかに!?今までのうっぷんを晴らすかのような打撃に大注目で

す。

 


・勝つためには機動力を発揮することが必須です。広島対甲斐キャノンや髙谷レーザー

ビーム(←これは何というのか分からないので,勝手につけました)に大注目です。

 


(関連記事)


甲斐キャノン発動で敵地がどよめくってナニ?動画は?画像は?盗塁阻止率や称賛も!

 


2018日本シリーズ第2戦ってナニ?デスパイネ裏目とは?柳田の不振って?好結果も!

 

スポンサードリンク